産経フォト

「三国志の英雄」曹操の墓、本物裏付けか 

2016.11.18のニュース

遺跡・建造物

「三国志の英雄」曹操の墓、本物裏付けか 

dly1611180025

 新華社電などは18日までに、中国河南省洛陽市で見つかった墓が三国時代(3世紀)の魏の皇族のものであることが分かったと伝えた。専門家は、墓の出土品などは同省安陽市で2009年に発見が発表された「三国志の英雄」、曹操(155~220年)の陵墓が本物であることを裏付けるとしている。

 魏の都だった洛陽市の墓は15年に見つかり、専門家が出土品などを分析していた。新華社などによると、安陽市の墓からは曹操を示す「魏武王」の銘文が刻まれた石碑が出土したが、洛陽市の墓からも似た石碑が出土した。さらに二つの墓の形状も共通点が多いなど「時代の連続性」が確認できるという。

 河南省は09年、安陽市で曹操の墓を発見したと発表したが、一部の専門家からは疑問の声が出ていた。(共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング