産経フォト

高低差812メートルを疾走 和歌山でウルトラマラソン

2016.9.11のニュース

スポーツ

高低差812メートルを疾走 和歌山でウルトラマラソン

dly1609110016

 和歌山県の高野山と竜神温泉を結ぶ国道を駆け抜ける「高野竜神スカイラインウルトラマラソン」が11日、初めて開かれた。秋空の下、1129人の参加者は812メートルの高低差がある起伏に富んだ道を疾走した。

 マラソンは道路を終日通行止めにして行われ、高野山大をスタートしスカイラインを往復する100キロの部に464人、竜神温泉をスタートし高野山大を目指す50キロの部に665人が出場。過酷な長距離レースに挑んだ。

 100キロ男子部門で優勝した愛知県扶桑町の間宮秀幸さん(35)は「目標が実現できてうれしい」と笑顔だった。ゴール付近には参加者の家族らが待機。姿が見えると名前を呼びながら「頑張れ」と励ました。完走した人には温かい拍手が送られた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング