産経フォト

サハリン航路が再開 第1便、稚内港に到着

2016.8.1のニュース

ニュース

サハリン航路が再開 第1便、稚内港に到着

dly1608010030

 北海道・稚内港とロシア極東サハリン南部コルサコフ港を結ぶ定期航路が1日、再開し、第1便となるコルサコフ港からの客船が同日午後、稚内港に到着した。9月16日まで14往復28便が運航される予定。
 客船が稚内港国際旅客ターミナルに到着すると、稚内市の職員らが乗客7人を出迎えた。日本にいる親戚に会うため毎年、同航路を利用してきたというサハリン在住の女性、タチアナ・イヨベさん(40)は「運航が再開したことに感謝している。墓参りや観光をしたい」と話した。
 客船はロシアの船舶運航会社が運航し、予約や発券業務は日本総代理店の第三セクター「北海道サハリン航路」が請け負う。客船に乗船した同社の日向寺和裕専務は「船旅は快適だった。サハリン航路を多くの人に利用してほしい」と話した。
 同航路は1999年に開設されたが、赤字が続き、運航会社のハートランドフェリー(札幌市)が昨年9月に運航を終えた。運航再開に向け、今年4月に設立された第三セクターがサハリン側と協議を進めていた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング