産経フォト

H3ロケット、秋から試験 JAXA、開発状況発表

2016.7.20のニュース

ニュース

H3ロケット、秋から試験 JAXA、開発状況発表

dly1607200005

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は20日、2020年度に初号機打ち上げを目指す次世代大型ロケット「H3」の開発状況を発表した。高い成功率を誇るH2Aの後継機で、国産として最も大きく強力なロケットとなる。新規に開発する1段目の主エンジン「LE9」の試験を、今年秋から宮城県角田市の施設で始める。 JAXAの岡田匡史プロジェクトマネジャーは記者会見で「ヤマ場はこれからだ」と話した。

 H3ロケットは2段式で全長63メートル。機体の直径は5.2メートル。液体水素と液体酸素を燃料に使い、高度3万6千キロの静止軌道に6.5トンの衛星を運ぶ能力がある。JAXAと三菱重工業が開発。打ち上げ費用をH2Aの半分の50億円に抑えて国際的な衛星打ち上げ市場に挑む狙いだ。

 H2Aは価格の高さに加え、受注から打ち上げまで2年近くかかるのが弱点。鹿児島県の種子島宇宙センターの施設整備も進めて、打ち上げ期間を大幅に短縮することも目指す。

 主エンジンのLE9と2段目エンジンの「LE5B3」は、シンプルな設計で信頼性が高いH2Aロケットの2段目エンジンがベース。打ち上げる衛星の重量や軌道に応じて、1段目の機体の下部に2基か3基のLE9を据え付ける。上昇を助ける固体ロケットブースターを機体の周囲に最大4本束ねる設計となっている。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング