産経フォト

ガス爆発させないロボット 事故現場で活躍期待

2016.7.12のニュース

ニュース

ガス爆発させないロボット 事故現場で活躍期待

dly1607120019

 三菱重工業と千葉工業大は12日、爆発性ガスが充満するところでも安全に走行し、がれきなどの障害物を乗り越え、階段も上り下りできる遠隔操作型のロボットを開発したと発表した。トンネル事故や原発事故などの災害現場での使用を想定している。

 爆発を招く火花などを発生させないのが特長で、国内で初めて第三者機関による「防爆認証」を取得したとしている。

 ロボットは長さ71センチ、幅42センチ、高さ54センチで重さ60キロ。走行用ベルトで移動し、時速は1キロ。機体に窒素ガスを封入し、外部のガスに引火しないようにした。

 事故現場に入って撮影したり、ガスの濃度を測定したりする用途が期待できるという。価格は1台数千万円の見込み。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング