産経フォト

外国人、日本料理店で研修 食の海外展開へ政府も補助

2016.6.30のニュース

ニュース

外国人、日本料理店で研修 食の海外展開へ政府も補助

dly1606300025

 海外で日本食を普及させるために招かれた14人の外国人料理人の研修開講式が30日午前、東京都内のホテルで開かれた。研修生は基礎的な日本語や調理技術を料理学校などで2カ月間習った後、おもてなしの精神を京都や東京にある日本料理店での接客や配膳を通じ半年間学ぶ。

 政府は、農林水産物や食品の輸出拡大に力を入れており、研修生に海外展開する日本の食品関連業者との関係を深めてもらいたい考えだ。2016年度予算で、研修費用などを約5800万円補助している。

 研修生は米国やブラジル、ロシア、オーストリア、シンガポールなど計11カ国・地域で選ばれた。研修事業は料理人らの団体でつくる「日本食・食文化普及人材育成支援協議会」が実施する。日本料理店の「菊乃井 本店」(京都市)や「つきぢ田村」(東京)などが研修生を受け入れる。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング