産経フォト

海のプラごみは「脅威」 G7環境相会合で確認

2016.5.16のニュース

ニュース

海のプラごみは「脅威」 G7環境相会合で確認

dly1605160007

 富山市で開かれた日米欧の先進7カ国(G7)環境相会合は16日、海洋ごみ問題を議論した。海を漂う大量の微細プラスチックごみについて「海の生態系にとって脅威だ」との認識を確認し、優先して取り組むべき対策を決める方針。

 大きさが5ミリ以下の微細プラスチックは「マイクロプラスチック」と呼ばれ、餌と間違えてのみ込んだ海洋生物に悪影響を及ぼすことが懸念されている。昨年ドイツで開かれたG7首脳会議でもこの問題が取り上げられた。

 今回、G7各国はプラスチックごみが細かく砕かれてマイクロプラスチックになる前に、ごみを回収する行動を推進したり、国際機関との連携を進めたりするなど、五つの優先事項を特定。G7各国の取り組み状況を定期的に点検することに合意する。

 また、地球温暖化対策についても討議し、昨年末に採択された「パリ協定」が早期に発効する重要性について確認する。世界の平均気温の上昇を2度未満に抑えるための各国の取り組みを示す「長期戦略」の提出時期については、期限として示された2020年から前倒しを目指すことで一致した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング