産経フォト

十勝の空に3種類の虹 北海道、72歳女性が撮影

2016.3.30のニュース

自然・風景

十勝の空に3種類の虹 北海道、72歳女性が撮影

dly1603300042

 北海道十勝地方・鹿追町の然別峡で、逆さの虹のような光「環天頂アーク」など3種類の自然現象が同時に観察され、音更町の主婦桑原勝子さん(72)が30日までに撮影に成功した。帯広測候所によると、三つの現象がそろってはっきり確認できるのは珍しいという。

 桑原さんが29日午前7時ごろに撮影したのは、上空に発生した環天頂アークと、太陽の同心円状で輪のように見える二つの「日暈」、太陽に近い日暈に接するように現れた弧状の「タンジェントアーク」と呼ばれる3種類の光。いずれも空気中の氷の粒に太陽光が屈折して起きるという。

 写真が趣味で、29日早朝から雪解けの風景を撮りに鹿追町を訪れていた桑原さんは「たまたま空を見上げたら、変わった虹だなと思い、夢中でシャッターを切った」と驚いている。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング