産経フォト

ヤンゴン証取、取引開始 日本支援で資金調達に道

2016.3.25のニュース

ワールド

ヤンゴン証取、取引開始 日本支援で資金調達に道

dly1603250034

 ミャンマー初の証券取引所として昨年12月に新設された「ヤンゴン証券取引所」で25日、上場第1号企業の株取引が始まった。地元財閥の持ち株会社「ファースト・ミャンマー・インベストメント(FMI)」で、ほかに5社が上場に向け準備を進めている。取引所は日本の官民が設立を支援。現地企業による市場からの資金調達に道筋を付けた。

 長らく軍事政権が続いたミャンマーは金融・証券市場が未整備で、企業活動に十分な資金が供給されなかった。日本の財務省が関連法令策定に協力し、取引所の運営は大和総研と日本取引所グループ(JPX)、国営ミャンマー経済銀行の合弁会社が担う。

 関係者によると、多くのミャンマー企業は情報開示や法令順守が重要だとの意識が薄い。上場には企業統治面の要件を満たす必要があり、取引所には企業風土を改善する役割も期待されている。(共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング