産経フォト

消費増税見送り提言 首相にスティグリッツ氏

2016.3.16のニュース

ニュース

消費増税見送り提言 首相にスティグリッツ氏

dly1603160015

 政府は16日、5月の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)を見据え、安倍晋三首相や閣僚が有識者と意見交換する「国際金融経済分析会合」を初めて開いた。講師のノーベル経済学賞受賞者ジョセフ・スティグリッツ米コロンビア大教授は、世界経済は難局にあり「2016年はより弱くなるだろう」との見解を表明。来年4月の消費税率10%への引き上げを見送るよう提言した。

 会合は不透明感が増した世界経済の安定化策を探るのが目的だが、消費税増税の是非をめぐる政治判断に影響する可能性が高まってきた。

 首相は官邸での初会合で「サミットは世界経済の情勢が最大のテーマになる」と強調し、スティグリッツ氏に「アベノミクスにも忌憚のない意見をいただきたい」と述べた。スティグリッツ氏は世界経済の低迷に対応して積極的な財政出動に踏み切ることも訴えた。この日は石原伸晃経済再生担当相、日銀の黒田東彦総裁らも出席した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング