産経フォト

志賀原発直下に活断層か 1号機廃炉の可能性も

2016.3.3のニュース

ニュース

志賀原発直下に活断層か 1号機廃炉の可能性も

dly1603030005

 原子力規制委員会の有識者調査団は3日、北陸電力志賀原発(石川県)の1号機原子炉建屋直下を通る「S-1断層」が活断層であるとした評価書案について議論する。調査団として最終的な判断が示される見通しだ。これを受け、今後、規制委の会合で評価書が確定する。規制委が活断層と認定すれば1号機は運転再開ができず、廃炉を迫られる。

 評価書案は、S-1断層について「12万~13万年前以降に一部が変位した可能性を否定できない」と活動性を指摘。1、2号機タービン建屋直下にある「S-2、S-6断層」も「地層に変形を生じた可能性を否定できない」としている。

 規制委が策定した新規制基準は、12万~13万年前以降に地盤がずれた可能性のある断層を「活断層」とし、真上に原発の重要施設を設置することを禁じている。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング