産経フォト

14歳白岩「自分の演技を」 フィギュア女子最年少

2016.2.8のニュース

スポーツ

14歳白岩「自分の演技を」 フィギュア女子最年少

dly1602080023

 フィギュアスケート女子の白岩優奈(京都・大枝中)が、12日にノルウェーのリレハンメルで開幕する第2回冬季ユース五輪に日本選手団最年少の14歳2カ月で出場する。メダルの期待がかかる中、「緊張すると思うけど、自分の演技を精いっぱいしたい」と胸を膨らませる。

 昨年末の全日本選手権では宮原知子(大阪・関大高)や浅田真央(中京大)らシニアのトップ選手に交じり、5位と大健闘した。フィギュアを始めたのは5歳の時。2006年トリノ冬季五輪で金メダルを手にした荒川静香さんをテレビで見たのがきっかけで「荒川さんみたいに美しくて流れるような演技をしたい」と憧れる。

 今大会は競技以外にも異文化や五輪について学ぶプログラムが用意されているのが特徴。「試合だけじゃなくて、イベントもたくさんあるようなので、とても楽しみにしている」と笑顔を浮かべた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング