産経フォト

サメ16匹確認、防護網で遊泳禁止解除へ 茨城県内の海水浴場 

2015.8.7のニュース

ニュース

サメ16匹確認、防護網で遊泳禁止解除へ 茨城県内の海水浴場 

dly1508070034

 茨城県は7日、鉾田市から鹿嶋市の沿岸部でサメ16匹を確認したと発表した。県防災ヘリが同日午後2時過ぎに、上空から確認した。県内5市町9カ所の海水浴場が遊泳禁止となっているが、各自治体は防護網を設置した上で、早ければ8日に禁止措置を解除する方針だ。

 沿岸の自治体や茨城海上保安部、県警などは7日、今後の対応について鉾田市内で協議した。その結果、海水浴場を防護網で取り囲むことで安全性が確保できると判断。関係市町は網の設置を開始した。

 大洗サンビーチ(大洗町港中央)や、ひたちなか市内2カ所の海水浴場では、7日中に設置作業が完了した。遊泳禁止措置は8日に解除される予定。その他の海水浴場も8日までに設置作業を完了させる方針だ。

 茨城県などにはこれまで、けが人の情報は入っていないが、各自治体や茨城県警は今後も警戒監視を継続し、万全の態勢を取る。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング