産経フォト

火星探査車、嵐で休眠 太陽光遮られ電力低下

 無人探査車キュリオシティーが捉えた火星の嵐。7日(左)よりも、10日(右)は大気中のちりが増加している(NASA提供・共同)

 無人探査車キュリオシティーが捉えた火星の嵐。7日(左)よりも、10日(右)は大気中のちりが増加している(NASA提供・共同)