産経フォト

最も深い海で魚を撮影 8178メートル、海洋機構

 マリアナ海溝の水深8178メートルで5月に撮影されたシンカイクサウオ(中央)。左は餌としておびき寄せたヨコエビ、右はヨコエビに食べられたサバの骨(海洋研究開発機構提供)

 マリアナ海溝の水深8178メートルで5月に撮影されたシンカイクサウオ(中央)。左は餌としておびき寄せたヨコエビ、右はヨコエビに食べられたサバの骨(海洋研究開発機構提供)