入試 入試

新科目、問題解決力養う工夫随所に 史料読解、思考実験…

教科書検定に合格した教科書(アルゴリズムついて書かれたページ)=東京都千代田区(三尾郁恵撮影)
教科書検定に合格した教科書(アルゴリズムついて書かれたページ)=東京都千代田区(三尾郁恵撮影)

 文部科学省が30日に検定結果を公表した高校教科書。学習指導要領改訂に伴う科目の再編を受け、来年春からは「歴史総合」「公共」「情報I」などの新科目の授業が本格化する。教科書づくりの羅針盤となったのは、指導要領が掲げる「主体的・対話的で深い学び」。その理念を具体化した各社の記述には、知識の習得とともに課題解決に臨む姿勢を培うユニークな工夫が随所に見られた。

■   ■

 現行の歴史科は小中学校が日本史中心の授業であるため、高校では世界史が必修、日本史は地理との選択科目となっている。これが見直され、日本史と世界史の近現代史を統合した新必修科目「歴史総合」となる。従来の時系列で学ぶ歴史と違い、世界と日本の相互影響を捉え、現代の課題と結び付けた内容だ。

 中村学園大の占部賢志(うらべ・けんし)教授(教育学、歴史学)は「一国の動きだけでは善悪二元論に陥りがちになる。日本は他国と接触しつつ模倣ではない独自の文化を形成してきた。広い視野がなければ、日本史の深い理解はおぼつかない」と話す。

 例えば、帝国書院では、日露戦争の学習でロシア側の動きも追う。敗戦で極東進出を取りやめたロシアが目指したのは、欧州東南部のバルカン半島。要衝地をめぐりドイツとの対立を深め、第一次世界大戦へとつながっていく経緯を描写し、「日本史と世界史、相互の影響を読み取れるようにした」(編集担当者)。

 図や資料が多用されたのも特徴だ。東京書籍は、東京・銀座を描いた明治初頭の錦絵と昭和11年、平成29年の写真を見比べるコーナーを設け、都市の変遷についての読み解きを求めた。

■   ■

 公民科では、現行の「現代社会」に代わる新設の「公共」が必修科目となる。正義や自由といった抽象概念や社会の仕組みを、知識だけでなく、現実の世界をどう構想していくかという観点から踏み込む。

続きを読む