入試 入試

オンライン学習の生徒へ 大阪府がモバイルルーター公募

 大阪府は14日、長期間休校が続く府立学校でオンライン授業に必要なインターネット環境がない生徒に貸与するモバイルルーターを調達するため、今月下旬から5千台を公募すると発表した。テレワークの拡大などに伴い機器の大量確保が難しくなっているためで、今後必要台数や経費を精査して補正予算に計上する。

 オンライン学習に必要なルーターは、1カ月当たりのデータ通信量が20ギガバイト以上のもの。府は、スマートフォンやタブレット端末、パソコンがない生徒が何人程度いるかを把握するための調査を進めている。

 府教育庁は令和4(2022)年度に府立学校生に1台ずつの端末配備を計画していたが、新型コロナウイルス感染拡大による休校を受け、配備を前倒しする。オンライン学習は6月末までに府立学校159校で進めるとしている。