入試 入試

都立校の休校延長へ、GW明け再開検討 新型コロナ感染急増で

東京都庁=東京都新宿区
東京都庁=東京都新宿区

 新型コロナウイルス感染者の急増を受け、東京都が4月の新学期から再開予定だった都立学校について、休校措置を延長し、5月のゴールデンウイーク明けに再開する方向で調整していることが1日、関係者への取材で分かった。近く都教育委員会会議を開催し、対応を正式に決める。

 関係者によると、都立学校の対応が決まり次第、小中学校を管轄する区市町村の教育委員会に伝え、地域の実情を踏まえた対応を求めていく見通し。

 都教委は3月26日に都立高校などについて、始業時刻などをずらす「時差通学」や学年ごとに登校日を分ける「分散登校」といった指針を示し、4月の新学期からの再開に向け準備を進めてきた。

 しかし、この数日間で都内の感染者数が急増しており、小池百合子都知事が週末の不要不急の外出自粛などを繰り返し要請。都教委が対応を検討していた。