入試 入試

2年度前期、公立高入試でミス 個別面接誤り集団で 群馬

 県教育委員会は13日、県立太田東高校(太田市)で12日に行われた令和2年度前期選抜入試で、一部の受験生に対し、本来は個別でするべき面接を集団で行うミスがあったと発表した。関係者の処分を今後検討する。

 県教委によると、ミスがあったのはB選抜で、学力検査と面接を実施。受験生44人のうち14人に、面接官が2人ずつ面接した。

 県教委は「面接官が集団面接をするものと思い込んだのが原因」と説明。同校はB選抜の受験生全員に、面接に関しては一律に同点数を与える措置を取った。