入試 入試

公立高前期 全日制3万6526人挑む 千葉

 県内の公立高校の前期選抜入試が12日、各校で始まった。大きなトラブルはなく、全日制127校(204学科)では3万6526人、定時制17校(17学科)では727人が学力検査に臨んだ。受験倍率は全日制が1・68倍、定時制は0・96倍で、全体では1・65倍だった。

 県教委によると、体調不良などによる欠席者は全日制が118人、定時制が18人。欠席者の多かった学校は全日制が幕張総合と市川東の各7人、定時制が松戸南の9人となっている。

 別室での受験は全日制と定時制で計158人に上り、このうちインフルエンザなどによるものは56人だった。また、新型コロナウイルスによる肺炎拡大の影響を受け、2週間以内に中国への渡航歴がある生徒には、念のため、個室で試験を受けさせたという。

 13日は面接や作文など、各校の試験が実施される。合格発表は19日。後期選抜は3月2日に実施される。

 ◇傾向と構成◇

■国語

 全体の構成については昨年と同じで変更はなく、基礎的・基本的な知識や判断力、表現力などが適切にみられるようにした。平均点は昨年(54・2点)と同様、50~55点と予想している。大問7(5)では作中人物の意図を理解する理解力と表現力をみた。大問8はグラフから読み取ったことを分析させ、どのような効果をもたらすかについて自分の考えを聞いた。

■数学

 基本的な数学的知識と技能に加え、論理的に考える基礎となる数学的な見方や考え方を総合的に活用するための思考力を試した。大問1は数と式の基本的な計算、大問2(5)では図形の性質を利用し、作図の基本的技能が身についているかを問い、大問5は題意を的確に読み取り、思考、判断、表現する力をみた。平均点は昨年(54・5点)並みの50~55点を見込む。

■英語

 難易度は例年並みで、平均点は昨年(53・6点)と同程度の50~55点と予想している。「聞く・話す・読む・書く」の基礎が身についているかを試したほか、活用・応用として「思考力・判断力・表現力」をみた。大問6の英作文は、絵を見て状況を理解させ、英文で適切に表現する実践的なコミュニケーションをより強く意識した出題となった。

■理科

 第1分野(物理・化学)と第2分野(生物・地学)をバランスよく出題し、科学的な見方や考え方を身につけているかどうかを試した。例年と同様、観察・実験を題材とした問題や、身近な生活に関わりのある問題を出題。課題を多面的、総合的にとらえ、科学的に思考して解決する力をみた。小問は計37問で記述式は4問、作図やグラフは2問とした。平均点は昨年(60・6点)をやや下回る50~55点と予想している。

■社会

 地理・歴史・公民の各分野からバランスよく出題し、学習の成果を総合的にみることができるようにした。平均点は昨年(56・6点)を下回る50~55点を予想。現代社会の諸問題に対する関心や理解の程度をはかるため、資料を活用して社会的事象を判断・分析する力のほか、考察力や筋道を立てて思考する力を試した。配点は昨年と比べ日本地理を1点増、世界地理を1点減とした。