入試 入試

近大、マグロの次はウナギ「人工ふ化」成功 完全養殖の商業化へ

近畿大が人工ふ化に成功したニホンウナギの幼生
近畿大が人工ふ化に成功したニホンウナギの幼生

 近畿大は、絶滅危惧種に指定されているニホンウナギの人工ふ化と50日間の初期飼育に成功した。この分野では国立研究開発法人の水産研究・教育機構が人工ふ化させて育てた成魚に再び受精卵を生産させ、次の世代を誕生させる「完全養殖」を研究室で成功させて先行しているが、近畿大も完全養殖の商業利用実現を目指して研究を継続する。

 近畿大はクロマグロの完全養殖に成功して販売しており、ウナギにも広げたい考え。和歌山県の研究施設で9月12日に人工ふ化させた約30匹が50日で約2センチの幼生まで育った。さらに約1100匹の飼育も続けている。順調なら来年春ごろには一部が稚魚のシラスウナギまで育つという。

 今後は養殖の労力とコストを削減するため、水を汚しにくい餌の開発などが課題とみている。近畿大水産研究所の升間主計所長は発表会で「ウナギでも天然資源に依存しない持続可能な養殖に取り組みたい」と意気込みを語った。