入試 入試

小学生200人が全力運動に汗 福岡で高田延彦さん体操教室

体操教室で全力疾走する子供
体操教室で全力疾走する子供

 元総合格闘家の高田延彦さんが主宰する高田道場(東京)の体操教室「ダイヤモンドキッズカレッジ」が2日、福岡市中央区の市立中央体育館で開かれた。小学1~6年の児童約200人が、アマチュアレスリングの動きを取り入れた運動を楽しんだ。

 教室は体をぶつけ合う機会を通じ、子供に強い心や他者への優しさを育もうと平成18年に始まった。全国各地で開催され、今回で103回目になる。

 この日、教室で高田さんは「元気の良いあいさつと、運動が得意でも苦手でも、自分の全力を出すことを大切に楽しもう」と呼びかけた。参加児童は、ランニングやマット運動などで約3時間、汗を流した。

 高田道場のスタッフに加え、地元の九州共立大や福岡大のレスリング部員がコーチを務めた。