入試 入試

不登校児童・生徒の出席扱い、さいたま市教委がガイドライン

 さいたま市教委は、不登校の児童や生徒がフリースクールに通ったり、自宅でIT教材を活用するなど適切に学習したりする場合、「指導要録上の出席扱い」とするガイドラインを策定した。学校外での学習に対する努力や成果を認めることで、不登校児童生徒の自己肯定感を高め、社会的な自立につなげたい考えだ。

 市教委によると、これまでにも文部科学省から出席扱いに関する指針や通知が示されてきたが、どのような場合に認められるのか分かりづらく、教育現場で制度の活用が遅れていた。新たにガイドラインを策定し、出席扱いの目安を示すことで、制度の浸透を促す狙いがある。出席扱いにするかどうかは校長が総合的に判断するという。

 市教委の担当者は「児童生徒によっては、学校に通うことが最善の選択ではない場合もある。さまざまな学びの場があることを知り、自分の進路を主体的に選べるよう支援していくことが重要だ」と話した。