入試 入試

【在米日本人ママリポート(9)】自ら道を選択し生きる力を育む 米教育の成果 上野美和

 その夢の第一歩として、日本の医学系の大学院の受験勉強を始めた。大学の研究室の先生方の研究論文を読みあさり、時間がたつのも忘れて読みふけるほど興奮する論文を見つけたとうれしそうに話していた。本当に好きなんだなと思えた。

 息子は3つの大学の大学院の試験を受け、無事に合格でき、今春から東京で学生生活を始めた。とはいえ息子自身、「まだまだ通過点の一つにすぎない」と話す。これから日々経験し勉強していく過程で、どこかで道を変えるかもしれないと思う。このまま研究を続けたいと博士課程へ進学するのか、もしくは全く別のことを考えるのだろうか。

 だが、苦しみ必死に模索してきたここまでの経験はこれからの力になると思う。「どのような状況になっても自分の意思で道を選択し生きる力を育む」。これが米国で受けた非常に多面的な教育の成果だと感じている。   =終わり

     

【プロフィル】上野美和(うえの・みわ) がん医療コンサルタント「メディエゾン」代表。和歌山市生まれ、大阪薬大卒。平成3年に渡米。MDアンダーソンがんセンター勤務を経て、日本人対象のセカンドオピニオンサービス、医療従事者研修のアレンジ、講演に携わる。