入試 入試

【学ナビ】アグネス・チャンさん著書「未知に勝つ子育て-」刊行 AI時代“人間らしさ”強みに

 長男と次男は社会に羽ばたいた。三男、協平さんは米スタンフォード大学でAI研究に打ち込み、選択した道を進む。その姿から、今度は自身がAIについて学び、未知の世界に向かって子育てをする世代に思いをはせるようになった。

 著書では、AIについて協平さんとの親子対談を実現したほか、自動翻訳時代の語学についても記している。

 アグネスさんは「将来について予測することは難しく、子供たちを幸せにするための答えは過去にはないかもしれない。みずみずしい考え方で、一緒に学びを楽しみ続けることが未来の開拓につながるのでは」とメッセージを送る。

     ◇

 ■大学・大学院でも対策強化

 人工知能技術が進化を続ける中、大学や大学院でも専門的な学びの機会が広がっている。

 立教大学(東京都豊島区)では令和2(2020)年4月に、国内初となるAIに特化した大学院「人工知能科学研究科(修士課程)」を開設。また、金沢工業大学(石川県野々市市)では、今年度から選択科目として「AI基礎」を開講。2年度からは全学部学科を対象に、1年次の後学期で必修科目として実施する。

     ◇

【プロフィル】アグネス・チャン

 歌手・エッセイスト・教育学博士。1955年、香港生まれ。72年に『ひなげしの花』で日本歌手デビュー。上智大学国際学部を経て、カナダ・トロント大学(社会児童心理学)卒業。米スタンフォード大学教育学部博士課程修了。ユニセフ・アジア親善大使、日本対がん協会ほほえみ大使など、幅広く活躍している。