入試 入試

センター試験始まる 57万人超が挑む

Messenger
大学入試センター試験に臨む受験生=19日午前、東京都文京区の東京大学(鴨川一也撮影)
大学入試センター試験に臨む受験生=19日午前、東京都文京区の東京大学(鴨川一也撮影)

 本格的な入試シーズンの幕開けとなる大学入試センター試験が19日、全国の693会場で始まった。日程は20日までの2日間で、志願者数は前年より5841人少ない57万6830人。19日午前の科目は地理歴史と公民で、午後には国語と外国語が行われる。

 この日は日本海側などの一部を除きおおむね好天に恵まれた。ただし東北地方は強風でJR東北本線の一部が遅延するなどの乱れもあった。この影響で、福島大学の会場(福島市)で3人が午前9時半からの試験開始時間に遅れ、時間を繰り下げて別室で受験する措置がとられた。

 センター試験を利用する大学は年々増え、今年は過去最多の703校に上る。内訳は国立82校、公立90校、私立531校。このほか短大も公立13校、私立136校の計149校が利用する。

 体調不良などで受験できなかった志願者らを対象とした追試験は26、27日に東京と京都で行われる。