入試 入試

【入試最前線】(4)入学までに200万円以上も 受験のマネー学

Messenger

 大学受験にはどれぐらいの費用がかかるのだろうか-。大学の授業料などは心づもりをして準備している家庭は多いというが、実際にかかるお金はそれだけではない。実際にわが子の大学受験を経験し「入学までに結構かかった」と驚く保護者は意外に多いのだという。

 全国大学生活協同組合連合会が毎年、新入生の保護者を対象に実施し、約2万人から寄せられた調査結果の最新版(2018年度)によると、「受験から入学までにかかった費用」は私立に入学した下宿生の場合で、実に227万500円にも上る。

 国公立に入学した下宿生では195万7500円。自宅生の場合でも私立で153万500円、国公立で127万8700円がかかる。

 やはり、費用のうち大きな割合を占めるのは入学金や初年度の授業料など「入学した学校への納付金」で、私立で94万2900円、国公立で62万7500円となっている。

出願だけでも10万円以上

 入学した学校への納付金以外の費用の内訳をみると、まず、受験料や願書を取り寄せる費用など「出願をするためにかかった費用」は、国公立で12万1500円、私立で17万3200円となっている。

 私立大の受験料は一般試験で3万円~3万5千円。併願すれば、あっという間に10万円を超えてしまう。

 また、受験会場に行くための交通費や宿泊費なども当然必要で、「受験のための費用」は、国公立で6万1600円、私立は3万7千円となっている。

 実際、遠方の大学を受験するとなると交通費も相当な額になり、試験日によっては何度も受験旅行を繰り返したり、ホテルなどに長期滞在せざるを得なかったり、と額はさらに膨らむ。

 学校関係者によると、「できるだけいつもと同じ環境で受験当日を迎えさせてあげよう」と、最近では、保護者も一緒にホテルに宿泊して受験にのぞむという家庭も多いというが、保護者も一緒に受験地に赴けば、その分のホテル代や交通費も加算されることになってしまう。

 ただ、やり方によっては節約できることもある。例えば、往復割引、学生割引、新幹線回数券、受験生割引や早期購入割引など交通機関のさまざまな割引制度を活用するのもひとつの方法。

 私立大学の受験では、センター利用入試や地方などで実施される学外試験会場を活用することで出費を抑えることもできる。志望校の入試制度をよく調べ、無駄のない受験を心がけたい。

万単位で飛んでいく…

 合格後も入学準備として、教科書代や教材費が必要となり、下宿する場合は、生活用品の購入費と次々と出費がかさむ。

 調査を行っている全国学生生協連広報調査部の担当者によると、「パソコンや入学式用のスーツなど、『想定外に必要なお金も多かった』とする保護者も多い」という。

 「万単位でお金が飛んでいって、金銭感覚がおかしくなりそうだった」。調査用紙に書かれた親の本音だ。