入試 入試

【入試最前線】(3)親子のギャップがもめるタネに…

Messenger

 高校や予備校の進路指導担当たちが悩むのが、受験生とその保護者の間で生じる「親子ギャップ」だ。大阪府立高校で進路指導を担当している吉田裕紀教諭は「入試の仕組みも大学のレベルも親世代とは変わっている。現状を知っておいてもらわないと生徒が困る」と話す。

 親子のギャップは、受験大学を決める際に、親子の間でもめごとになってしまう原因にもなる。例えば、近年、力をつけてきた大学について、保護者側がそうした事情が分からず、親子ギャップになってしまうことがあるのだという。

 吉田教諭が指導している生徒のなかでは最近、近年受験者数が伸びている近畿大をめぐって親子ギャップが顕在化したケースがあった。

 生徒は近大を受験したいというが、保護者側は「(関西の難関私大といわれる)関関同立で勝負して」と譲らない。生徒は「なかなか近大の受験を認めてくれない」とこぼしていたという。

 保護者世代は自分が受験したときのイメージで大学を選びがち。吉田教諭は保護者説明会などの場で、イメージより実態を見て判断してほしいと呼び掛けているという。

 吉田教諭は「近大は施設を次々と新しくするなど、学ぶ環境が充実している。例えば、新しくできた図書館には24時間利用できる自習室がある。そんな施設はほかの大学にはなかなかないですよ」などと説明しているという。

昔と今、どう違う

 大手予備校の河合塾が「大学受験の昔と今 親子でこれだけ違う!」と題して、大学入試センター試験がはじまった平成2年と、それから25年後の27年の大学入試事情を比較している。この25年で受験事情は大きく変わった。

続きを読む