入試 入試

【受験戦略家コラム】センター試験で頭が真っ白になるのを防ぎ、実力が発揮できる方法

Messenger

(3)想定内を増やす

 次に、頭が真っ白になりやすい原因は、想定外のできごとです。自分が想定していないような悪いことが起ると、その瞬間に先程のように悪いイメージが膨らむようになります。

 ということは、あらゆることを想定しておけば良いのです。想定内のことが起きても、別に大して焦ることはありません。

 ということで、いくつかおススメします。

(3)-1 目標点を3つ設定する。

 「この調子なら英語は〇〇点取れるぞ」と期待を込めて目標点を設定する人が多いのですが、期待は外れたときにパニックを生みます。期待は絶望の原因なのです。出来れば、目標点をいくつか設定しておくと、変に期待ばかりせずにすみます。

 私は、生徒の目標点を設定するとき、「勝ち」「引き分け」「負け」と3パターンの目標点を設定します。僕が個人的に目標を立てる時は「大勝ち」と「大負け」を加えて5段階で作ります。悪い方も想定しておくことで、パニックが防げます。

(3)-2 持ち物を万全に準備する

 あらゆる場面に対応するために、持ち物の準備を完璧にしましょう。私は塾生にこのようなチェックリストを渡しています。どうぞ参考にしてください。

■受験戦略家推奨 センター試験持ち物チェックリストはこちら

 私がセンター試験を受けた時、会場は暖房があまり効いてなくて、少し寒かったのでコートを着ながら問題を解きました。特に足先が寒くて辛かったことをよく覚えています。温度は点数への影響も大きいので、暑くても寒くても対応できるようにすると良いでしょう。

(3)-3 会場、時間、科目の確認をする

 センター試験の当日、ほとんどの会場では、受験生の長蛇の列になり、迷うことはほとんどないと思われますが、気になる人は下見をしても良いでしょう。特に、会場までの徒歩時間は実際に歩いてみないと分かりません。

 また、当日の試験時間と科目も再確認を。実際の集合時間は受験票と共に送付された「受験上の注意」をご覧ください。

続きを読む