入試 入試

【受験戦略家コラム】センター試験で頭が真っ白になるのを防ぎ、実力が発揮できる方法

Messenger

前のニュース

 受験で成功するには、二つの要素が必要です。

 ひとつは「実力をつけること」、そしてもうひとつは「実力を発揮すること」です。

 ひとつ目の「実力をつけること」とは、すなわち勉強して成績を伸ばすことです。これは、皆さん一生懸命に毎日取り組んでいることでしょう。

 しかし、もうひとつの「実力を発揮すること」に関してはどうでしょうか?

 例えば、インフルエンザや風邪にかかってしまったら?寒いからと着込んでいったら、暖房が効きすぎていて集中できなかったら?または寒すぎたら?アタマが真っ白になりパニックになってしまったら?

 このような状況になったら、せっかく付けた実力も発揮できず、悔しい思いをするでしょう。

 いわゆる本番に強い人もいれば、本番に弱い人もいます。

 つまり、実力をつけることと、実力を発揮することは全く別の問題です。そして大事なのは、両方が上手くいって初めて合格が出来るということです。

 ということで、今日は皆さんがセンター試験当日に、実力が発揮できるようなポイントをまとめてみましょう。

頭が真っ白にならないために

 センター試験を受ける際に、最も怖いのは「頭が真っ白になること」です。

緊張して、パニックになり、頭が真っ白になってしまったら、目標点より数百点低いこともあり得ます。(実際、そういう生徒を何人も見ました。)

 このような最悪の状況にならないためにはどうすれば良いでしょうか?

 簡単です。

 頭が真っ白になる原因を除去すればよいのです。頭が真っ白になるには、いくつかのパターンがあり、そうならないようにすれば予防ができます。

続きを読む