入試 入試

【受験戦略家コラム】1カ月でセンター試験の英語の得点が50点上がる方法

Messenger

単語と熟語を覚えよう

では、最後にダメ押しの秘策を。といっても、別に難しくもないし、真新しいことでもありません。単語や熟語を覚えてください。

解説してきた通り、長文は本文と設問を見比べれば解けるのですが、そもそも英文が読めなければ見比べても意味が分かりません。また、黄金パターンである「語句の言い換え」に気付けなければならない。これらのことを踏まえると、単語や熟語を覚えるのが最も短期間で点数を上げる方法です。

発音・アクセントや、文法の勉強は要らないのかと言うと、後回しで良し。実は「文法問題のための文法」の勉強をしなくても、センター試験の英文はだいたい読めます。知らない表現が出てきたらその場で確認する程度に留めておいて、先ほどから解説している長文の解き方を訓練するのが先決です。

但し、決して文法の勉強はいらないと言っているわけではありません。160点や170点、またはそれ以上を取りたければ文法の勉強をしっかりしなきゃいけませんが、長文で当てられなければ、それも無理な話。優先順位として、まずは単語と熟語を覚えて、長文が当てられるようになった方が良いのです。

センター英語が読めるためには、4000語~5000語が必要だという話もあるようですが、これは恐らく多めに見積もった数字で、実際は2500~3000語程度でもほとんど読めるそうです。

そのうち1000語くらいは中学生でも覚えている単語だそうですから、残り1500~2000語くらい覚えれば、センター試験で知らない単語がほとんどない状態まで持ち込めます。

その1500~2000語のうち、すでに知っている単語だって数多くあるでしょう。英語が苦手な受験生でも新たに500~1000語くらいの単語を覚えれば、センター英語に通用できるようになるでしょう。

さて500~1000語の単語を覚えるのに、どれくらいの時間が必要でしょうか。

早い人では、数日です。

1日20~30個覚えれば十分間に合いますが、ちょっと気合を入れれば1日100個や200個の英単語を覚えることは十分可能です。そうすれば、何周も繰り返せるので安心感もあります。

つまり、あと1カ月あれば、センター試験に必要な単語は全て覚えられ、長文読解の解き方を練習する時間も十分にあるのです。英語が苦手な受験生でも、今から50点は十分に伸ばせます。

【プロフィル】平井 基之

 ひらい・もとゆき 受験戦略家。東大に文理両方で合格した経歴を持つ。自身の経験を活かし受験の戦略を紹介する公式ブログは東大受験者の間で話題を呼び、多くの受験者が訪れる。

次のニュース