入試 入試

【受験戦略家コラム】大学入試センター試験に間に合う!一カ月で膨大な知識が覚えられる暗記法(下)

Messenger

暗記法の応用-上級編

 では、最後に上級者向けに、最も強力な暗記法を伝授します。それは、今まで紹介した暗記法を組み合わせて使うことです。

 「スミヒエオ」の語呂合わせでやってみましょう。実はよくできています。

アメリカの五大湖って、どこにありますか?

 アメリカの北東部で、北海道と同じか少し北くらいにあります。つまりとても寒いのです。氷河湖といって、昔、氷河が地面を削り取った時にできた湖だと、地理で出てきます。オッサンが末端冷え性になるのも無理はないですね。

これで、氷河湖と五大湖が関連付けられました。

 また、オッサンは寒くて泣いているイメージにしましょう。

 五大湖の西側に、カナダとアメリカを隔てる真っすぐな国境があります。これが北緯49度です。49ですから、シクシク泣いているのをイメージするのです。

これで、国境が49度だという情報も関連付けられました。

まとめ

 この様に、語呂合わせだけでなく、色々なものを関連付けると、もう忘れません。楽しく覚えられて、しかも忘れない。とても強力な暗記法です。これをマスターしたら、あなたの暗記力も格段に上がっているはず。センター試験までまだ時間はあります。大量に覚えて高得点を取りましょう。

【プロフィル】平井 基之

 ひらい・もとゆき 受験戦略家。東大に文理両方で合格した経歴を持つ。自身の経験を活かし受験の戦略を紹介する公式ブログは東大受験者の間で話題を呼び、多くの受験者が訪れる。

次のニュース