NIE NIE

わいせつ教員排除新法案 与野党協議入り 今国会成立目指す

 与野党は28日、児童生徒へのわいせつ行為で懲戒免職となった教員を教育現場に戻さないために自民・公明両党のワーキングチーム(WT)がまとめた新法案について、国会内で実務者による初協議を開いた。与党側は議員立法での今国会への提出と成立を目指し、野党に協力を呼び掛けた。

 会合では与党側が法案の条文案を示して説明し、野党側から意見を聴いた。野党側は立憲民主党、日本維新の会、共産党が出席。協力に前向きな意見があったという。

 協議後、衆院文部科学委員会の野党筆頭理事を務める立民の牧義夫元厚生労働副大臣が馳浩元文科相ら与党の責任者と記者会見し、「これから党内手続きに入り、間違いなく今国会中に成立を期したい」と語った。与野党が合意できれば、法案成立に向け大きく前進する。

 わいせつ教員をめぐっては、現行法では教員免許失効後、3年たてば免許の再取得が可能なことが問題視されている。新法案は、わいせつ教員を教育現場に戻さない仕組みとして、都道府県教育委員会が適当と認めない場合に限り再交付を可能とすることや、国や自治体に対し、データベースの整備・活用を求めることなどが柱となっている。

教育プロジェクト@Facebook