PR

ゴーン被告保釈 勾留108日間

特集のまとめ

日産・ゴーン事件の波紋

■抜け道だらけの条件「保釈ありきか」有料会員向け記事

東京拘置所を出るカルロス・ゴーン被告

 日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(64)の異例の早期保釈は、弁護側が監視カメラの設置など多岐にわたる証拠隠滅を防ぐ条件を提示したことが奏功したとされる。だ…【記事を読む】

■作業員姿で拘置所を後にしたゴーン被告

■偽装「そろそろお歳暮を」

中東2カ国への送金は報奨金に偽装されていた?

 日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン被告が日産子会社から中東の販売代理店に支出させた計約52億円が… 【記事を読む】

■「無罪請負人」の異名 弘中弁護士が会見

特集リスト

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ