PR

東日本大震災8年

特集のまとめ

東日本大震災

■揺らぐ「最大級」想定

気象庁の現業室

 東京・大手町の気象庁2階。全国の地震活動を24時間態勢で監視する「現業室」にアラーム音が鳴り響き、緊迫が走った。【記事全文を読む】

■【クローズアップ科学】津波にのまれても生き残る対策を探れ 東日本大震災の死因分析有料会員向け記事

気象庁の現業室

 巨大津波が襲った東日本大震災から8年。東北大のチームが犠牲者の死因を詳しく分析したところ、溺死だけでなく、漂うがれきで負傷したり…【記事全文を読む】

■地震で倒壊でも補償 増える「上乗せ」保険

気象庁の現業室

 官民の共同運営で公共性が高い「地震保険」に加え、民間の損害保険会社による「上乗せ補償」に加入する動きが広がっている。【記事全文を読む】

特集リスト

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ