PR

ライフ ライフ

『パイプと麦藁帽子の自画像』『農婦の頭部』ゴッホ展を彩る作品たち

≪農婦の頭部≫はじめ農民画家を目指していたゴッホはよく地元の農民たちを描いた。ゴッホにとって、大地で働く彼らは、田園地方における季節の移り変わりの象徴だった。本作のモデルをつとめた農家の娘は何度もゴッホの作品に登場し、《ジャガイモを食べる人々》にも描かれている。 フィンセント・ファン・ゴッホ 《農婦の頭部》 1885年4月 スコットランド・ナショナル・ギャラリー(c) National Galleries of Scotland, photography by A Reeve
≪農婦の頭部≫はじめ農民画家を目指していたゴッホはよく地元の農民たちを描いた。ゴッホにとって、大地で働く彼らは、田園地方における季節の移り変わりの象徴だった。本作のモデルをつとめた農家の娘は何度もゴッホの作品に登場し、《ジャガイモを食べる人々》にも描かれている。 フィンセント・ファン・ゴッホ 《農婦の頭部》 1885年4月 スコットランド・ナショナル・ギャラリー(c) National Galleries of Scotland, photography by A Reeve

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ