PR

ライフ ライフ

『パイプと麦藁帽子の自画像』『農婦の頭部』ゴッホ展を彩る作品たち

 ≪パイプと麦藁帽子の自画像≫ゴッホが描いた自画像は約40点が知られているが、本作は印象派の影響で作風を大きく変えようとしていたパリ時代のもの。鮮やかな複数の色をひとつの画面上にまとめる練習を重ねており、本作でも限られた筆触と色数によって全体の印象を軽やかに表現している。 フィンセント・ファン・ゴッホ 《パイプと麦藁帽子の自画像》 1887年9-10月 ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)
 ≪パイプと麦藁帽子の自画像≫ゴッホが描いた自画像は約40点が知られているが、本作は印象派の影響で作風を大きく変えようとしていたパリ時代のもの。鮮やかな複数の色をひとつの画面上にまとめる練習を重ねており、本作でも限られた筆触と色数によって全体の印象を軽やかに表現している。 フィンセント・ファン・ゴッホ 《パイプと麦藁帽子の自画像》 1887年9-10月 ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ