PR

ライフ ライフ

『ジャガイモを食べる人々』『疲れ果てて』ゴッホ展を彩る作品たち

アントン・マウフェ『雪の中の羊飼いと羊の群れ』 理想化された農村生活でなく、厳しい現実の暮らしをありのままに描いたハーグ派。宗教的なテーマもまた、彼らによって身近なものに置き換えられた。ゴッホ「唯一の師」で、ハーグ派を代表する作家のひとりだったマウフェによる本作は、羊飼いの姿のキリストが自らの民を守ろうとするさまを現実の中で表現したと解釈されている。 アントン・マウフェ 《雪の中の羊飼いと羊の群れ》1887-88年 ハーグ美術館 (c) Kunstmuseum Den Haag
アントン・マウフェ『雪の中の羊飼いと羊の群れ』 理想化された農村生活でなく、厳しい現実の暮らしをありのままに描いたハーグ派。宗教的なテーマもまた、彼らによって身近なものに置き換えられた。ゴッホ「唯一の師」で、ハーグ派を代表する作家のひとりだったマウフェによる本作は、羊飼いの姿のキリストが自らの民を守ろうとするさまを現実の中で表現したと解釈されている。 アントン・マウフェ 《雪の中の羊飼いと羊の群れ》1887-88年 ハーグ美術館 (c) Kunstmuseum Den Haag

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ