PR

ライフ ライフ

『ジャガイモを食べる人々』『疲れ果てて』ゴッホ展を彩る作品たち

『疲れ果てて』ゴッホがマウフェから教えられたものは、油彩の技術だけではなかった。それまで模写で絵を学んでいたゴッホだが、「生きた人間をモデルにせよ」というマウフェの教えのもと、農民たちの労働や暮らしの様子を直(じか)に見て写し取るようになる。本作に描かれているのは炉端に座る病気の老人。質素な衣服や生活用品がその境遇を物語るようだ。 フィンセント・ファン・ゴッホ 《疲れ果てて》 1881年9-10月 P. & N.デ・ブール財団(c) P. & N. de Boer Foundation
『疲れ果てて』ゴッホがマウフェから教えられたものは、油彩の技術だけではなかった。それまで模写で絵を学んでいたゴッホだが、「生きた人間をモデルにせよ」というマウフェの教えのもと、農民たちの労働や暮らしの様子を直(じか)に見て写し取るようになる。本作に描かれているのは炉端に座る病気の老人。質素な衣服や生活用品がその境遇を物語るようだ。 フィンセント・ファン・ゴッホ 《疲れ果てて》 1881年9-10月 P. & N.デ・ブール財団(c) P. & N. de Boer Foundation

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ