PR

ライフ ライフ

ゴッホを変えた2つの出会い ゴッホ展、東京で11日開幕

≪薔薇≫ あふれるばかりに咲き誇る満開のバラ。ゴッホが手がけた数多くの静物画の中でも「最大級にして最も美しい作品のひとつ」と称(たた)えられる名作は、精神療養院を退院する直前に描かれた。生命の輝きの象徴として花をとらえていたゴッホだが、本作でも体調を回復した喜びがうねるような筆触で表現されている。 フィンセント・ファン・ゴッホ 《薔薇》 1890年5月 ワシントン・ナショナル・ギャラリー(c) National Gallery of Art, Washington Gift of Pamela Harriman in memory of W. Averell Harriman
≪薔薇≫ あふれるばかりに咲き誇る満開のバラ。ゴッホが手がけた数多くの静物画の中でも「最大級にして最も美しい作品のひとつ」と称(たた)えられる名作は、精神療養院を退院する直前に描かれた。生命の輝きの象徴として花をとらえていたゴッホだが、本作でも体調を回復した喜びがうねるような筆触で表現されている。 フィンセント・ファン・ゴッホ 《薔薇》 1890年5月 ワシントン・ナショナル・ギャラリー(c) National Gallery of Art, Washington Gift of Pamela Harriman in memory of W. Averell Harriman

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ