PR

ライフ ライフ

ゴッホを変えた2つの出会い ゴッホ展、東京で11日開幕

 ≪アニエールのヴォワイエ・ダルジャンソン公園の入口≫ 1886年、ゴッホは弟のテオを頼ってパリに移り、印象派と出会う。本作の舞台アニエールはパリ郊外の行楽地で、多くの印象派や新印象派の画家らが通った。ゴッホもまた、友人のシニャックらとここで制作に励んだ。オランダ時代から比べ、色調だけでなく筆触も印象派、新印象派風に変化している。 フィンセント・ファン・ゴッホ 《アニエールのヴォワイエ・ダルジャンソン公園の入口》 1887年春 イスラエル博物館 Photo (c) The Israel Museum, Jerusalem by Elie Posner
 ≪アニエールのヴォワイエ・ダルジャンソン公園の入口≫ 1886年、ゴッホは弟のテオを頼ってパリに移り、印象派と出会う。本作の舞台アニエールはパリ郊外の行楽地で、多くの印象派や新印象派の画家らが通った。ゴッホもまた、友人のシニャックらとここで制作に励んだ。オランダ時代から比べ、色調だけでなく筆触も印象派、新印象派風に変化している。 フィンセント・ファン・ゴッホ 《アニエールのヴォワイエ・ダルジャンソン公園の入口》 1887年春 イスラエル博物館 Photo (c) The Israel Museum, Jerusalem by Elie Posner

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ