PR

ライフ ライフ

ゴッホを変えた2つの出会い ゴッホ展、東京で11日開幕

≪麦畑≫1888年冬、新たな表現を求めてアルルへと旅立ったゴッホだが、その年の初夏、小麦畑を少なくとも10点の油彩画に描いている。見渡す限りに広がる、黄色く燃えるような景色に筆が進んだらしい。画面のおよそ3分の2を占める強烈な黄色の麦畑と、水色の空の対比が美しい。プロヴァンスの澄み渡った空気が香ってくるようだ。フィンセント・ファン・ゴッホ 《麦畑》 1888年6月 P. & N. デ・ブール財団(c)P. & N. de Boer Foundation
≪麦畑≫1888年冬、新たな表現を求めてアルルへと旅立ったゴッホだが、その年の初夏、小麦畑を少なくとも10点の油彩画に描いている。見渡す限りに広がる、黄色く燃えるような景色に筆が進んだらしい。画面のおよそ3分の2を占める強烈な黄色の麦畑と、水色の空の対比が美しい。プロヴァンスの澄み渡った空気が香ってくるようだ。フィンセント・ファン・ゴッホ 《麦畑》 1888年6月 P. & N. デ・ブール財団(c)P. & N. de Boer Foundation

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ