PR

ライフ ライフ

接種完了者に割引や商品券 「ワクチン特典」続々 経済活性化も期待

ワクチン接種後に百貨店「さいか屋横須賀店」で特典を利用して買い物する女性=25日、神奈川県横須賀市(本江希望撮影)
ワクチン接種後に百貨店「さいか屋横須賀店」で特典を利用して買い物する女性=25日、神奈川県横須賀市(本江希望撮影)

 高齢者を対象とした新型コロナウイルスのワクチン接種が進む中、接種を終えた人を対象に商品券の配布や割引サービスなどの「特典」を打ち出す自治体や企業が増えている。接種は改正予防接種法により「努力義務」とされているが、接種率の向上やコロナ禍で冷え込む経済の活性化につながる取り組みとして、今後さらに広がりそうだ。

 神奈川県横須賀市にある創業149年の老舗百貨店「さいか屋」は、空きフロアを活用し、17日から80歳以上を対象としたコロナワクチンの集団接種を実施。さらに接種済みの証明書を提示することで、割引などの特典を受けられるサービスを行っている。百貨店内の47店舗が対象で、接種済証のほか専用ホルダーも配布する。

 百貨店内でワクチン接種を終え、買い物をしていた女性(88)は「子供の頃から来ている慣れ親しんだ場所でワクチンを受けることができて、不安が軽減された。割引サービスを受けられるのもうれしい」と笑顔を見せた。

 店長の脇田篤朗さん(60)は「接種会場であることで、1日1千人近くが訪れ、客足が伸びた。足が遠のいていた人が戻ってきたり、新たな客層に知ってもらったりとさまざまな効果を期待している」と語る。市の担当者によると、今後は市内全域に協力店舗の拡大を検討しているという。

 大阪府羽曳野市では、ワクチンを2回接種した16歳以上の住民を対象に、2千円の商品券の配布を6月1日から始める。予算は2億円で、接種率の向上と地域経済の活性化につなげたい考えだ。市の担当者は「この事業をきっかけに、町の元気を取り戻すきっかけになれば」と期待する。

 コロナの感染拡大で影響を受けたツアー会社も特典サービスを実施。観光バスツアー「VIPツアー」を運営する平成エンタープライズ(埼玉県志木市)は、ワクチン接種が完了した人にツアー代金から千円キャッシュバックするキャンペーンを行う。対象は7月1日から11月末の出発分のツアー。同社はコロナ禍で8割ほどツアーを自粛しており、担当者は「感染対策も行っており、これまで参加を控えていた方に安心して参加していただきたい」と話す。

 一方、東京都文京区では、区内の商店の活性化のため、65歳以上のワクチンを接種した人に値引きなどのサービスを行う店舗に対し、上限10万円の補助を行う事業を行うことを決めた。担当者は「ワクチン接種の促進というよりも、コロナ禍で疲弊する区内の店舗を応援するのが目的」とし、サービスの実施は、ワクチンの終了時期のスタートを予定している。(本江希望)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ