PR

ライフ ライフ

衣料用漂白剤 いつもの洗剤にプラスして

 新型コロナウイルスの感染拡大で、日常生活のさまざまな場面で衛生意識が高まっている。そんな中で、毎日の洗濯でもいつもの洗剤にプラスして衣料用漂白剤を使う人が増えている。汚れを落とすだけでなく、除菌、抗菌や嫌な臭いを除去する働きもある。酸素系の漂白剤なら、色、柄物の服にも安心して使える。

 ライオンは昨年12月、粉末の漂白剤「ブライトSTRONG(ストロング)極(きわみ)パウダー」を発売した。漂白活性化剤を高濃度で配合し、従来商品に比べ除菌効果を高めた。雑菌などが原因で発生する嫌な部屋干し臭や生乾き臭を抑える。漬け置き洗いをすることで、一部のウイルスに対する除去効果もある。570グラム入りの参考価格1188円。

 花王は昨年9月、液体の漂白剤「ワイドハイター クリアヒーロー 抗菌リキッド」を発売した。通常のワイドハイターに比べ抗菌効果を10倍に高めた。洗濯中に他の衣類に菌が移ったり、洗濯後に菌が増殖したりするのを防ぐ。同じシリーズで消臭効果を高めた商品や、がんこな汚れ落としに対応する物もある。抗菌リキッドは600ミリリットル入りの参考価格450円前後。

 グラフィコ(東京)が扱う「オキシクリーン」は米国生まれの粉末の漂白剤。酸素の泡で漂白、消臭、除菌ができる。衣料だけでなく、台所や風呂など水回りや、部屋の床、玄関など家中に使えるのが売りだ。500グラム入りの希望小売価格638円。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ