PR

ライフ ライフ

【TOKYOまち・ひと物語】引きこもりの人に学び舎を 朝倉景樹さん

生きづらを感じる人らの学び舎「TDU・雫穿大学」の朝倉景樹代表=新宿区内
生きづらを感じる人らの学び舎「TDU・雫穿大学」の朝倉景樹代表=新宿区内

 15~64歳で引きこもりの状態にある人は、国内で推計115万人超とされる。そんな生きづらさを抱えた人たちの学び舎が新宿区内にある。昨秋誕生した「TDU・雫穿(てきせん)大学」だ。代表を務めるのは社会学者の朝倉景樹さん(55)。自分らしい生き方の創造を通じ、一歩を踏み出そうと模索する学生たちにエールを送り続けている。

 朝倉さんは、不登校の子供らを受け入れるフリースクール「東京シューレ」で30年近く現場スタッフとして勤務した経験を持つ。平成11年には18歳以上の学び場「シューレ大学」を若者たちと設立し、サポートに当たってきた。

ルート外れ殻に

 各地で不登校の子供の理解や居場所づくりが進められる中、課題として強く意識したのが引きこもりの大人たちへの支援だった。日本では小中高校、大学や専門学校などを経て就職するのが一般的だが、こうしたルートを外れた人たちには苦しい現実が待っている。期待されたようにできない自分を責め続け、周囲が否定的な目を向けているのではと猜疑心(さいぎしん)にさいなまれる。やがて他者と交わることが怖くなり、自分の殻に閉じ籠もって、中から出ることが難しくなる。

 引きこもりに至った大人の社会復帰に向けては、相談窓口や就労訓練なども用意されてはいる。だが自力でそこまでたどり着ける人は少ない。「自分はどんな人間で、どのように生きたいのか。そしてどうしたらそれを実現できるのか。まずはこの問いを十分にできる環境をつくる必要があると思った」

 TDU・雫穿大学の創設は昨年10月。自分に合った生き方を試行錯誤できる場として、不登校や引きこもり経験を持つ若者らと立ち上げた。現在、18歳以上の約30人が学生として通っている。

 学び舎では学生自ら学びの計画を立て、それを実行していく。何を探究し、興味をどう深めていくかは自由だ。講師らは求められれば助言し、哲学や心理学、近現代史や語学など学生が望む講座も開かれる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ