PR

ライフ ライフ

ワクチン960回分廃棄へ、神戸の会場で管理ミス

ワクチン廃棄の経緯を説明する神戸市健康局の花田裕之局長(左)=12日午後、神戸市役所
ワクチン廃棄の経緯を説明する神戸市健康局の花田裕之局長(左)=12日午後、神戸市役所

 神戸市は12日、新型コロナウイルスワクチンの集団接種会場で、冷温保管すべき米ファイザー社製のワクチンを長時間常温に置く管理ミスがあり、960回分が使用できなくなったと発表した。近く廃棄するとしている。

 市健康局によると、ミスは11日、市内3カ所の高齢者向け集団接種会場で起きた。各会場では、ワクチン配送を受けて冷蔵庫に移し替えるまでの間、保冷ボックスに入れたまま低温保管することになっていたが、配送業者が保冷ボックスから取り出して会場の委託スタッフに手渡し、そのまま最長で3時間、常温状態に置かれた。ワクチンは常温解凍する場合、2時間以内に希釈する必要があるという。

 3会場を訪れた配送スタッフはそれぞれ異なっていたが、いずれも同じミスをした。市健康局は「配送業者には指示をしていたが、配達員レベルまで徹底されていなかった」と釈明、今後の接種スケジュールに影響はないとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ