PR

ライフ ライフ

井山計一さん死去 バーテンダー

90歳を超えてもシェイクを振り、カクテルを作った井山計一さん=2018年7月(柏崎幸三撮影)
90歳を超えてもシェイクを振り、カクテルを作った井山計一さん=2018年7月(柏崎幸三撮影)

 世界的に有名なスタンダードカクテル「雪国」を考案したバーテンダーの井山計一さんが10日、老衰のため山形県酒田市の病院で死去した。95歳。山形県出身。通夜は12日午後5時、葬儀は13日午前9時、山形県酒田市千石町1の11の22のセレモニーホール酒田で、いずれも親族のみで行う。喪主は長男、多可志(たかし)さん。13日午前8時から1時間程度、一般焼香の時間を設ける。

 昭和30年に同市で喫茶・バー「ケルン」を開業。34年のカクテルコンクールで「雪国」がグランプリに輝き、その後も多くのカクテルを世に送り出した。90歳を超えてもなお店に立ち続け、令和2年に「現代の名工」に選ばれた。半生を描いたドキュメンタリー映画「YUKIGUNI」でも知られた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ