PR

ライフ ライフ

ニッポン放送、今夜の特番で産経児童出版文化賞受賞作を紹介

ナビゲーターの小芝風花さん
ナビゲーターの小芝風花さん

 ニッポン放送は「こどもの日」の5日午後8時半から、今年の産経児童出版文化賞の受賞作を朗読する特別番組「こどもに読んでもらいたい本を声に出して読んでみた」を放送する。

 新型ウイルスコロナ禍で外出が難しい中、親子で寝る前の時間に聴いてもらおうと企画された。ナビゲーターは女優の小芝風花さんが務める。

 朗読されるのは、産経児童出版文化賞大賞を受賞した絵本「やとのいえ」(八尾慶次作、偕成社)と、同ニッポン放送賞の絵本「うしとざん」(高畠那生作、小学館)の2作。

 「やとのいえ」は、東京郊外の多摩丘陵に建つ一軒の農家とその庭先の十六羅漢さんに視点を置き、明治初年から約150年間の変化を15枚の見開き絵でたどる。「うしとざん」は、山のように大きな牛の背中になぜか登ることを思い立った男が、その上に広がる奇想天外な世界を旅する、シュールな笑いを誘う絵本。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ