PR

ライフ ライフ

【がん電話相談から】つらい気持ち精神腫瘍医に 心や感情にふたしないで

その他の写真を見る(1/2枚)

 「がん電話相談」では、患者やその家族から、治療や将来への不安などさまざまな悩みが寄せられている。特に、新型コロナウイルスが感染拡大するなか、つらい気持ちが増大している人も少なくない。がんと向き合うときに心強い味方となるのが精神腫瘍医だ。4千人以上のがん患者や家族の相談に乗ってきた、がん研有明病院腫瘍精神科の清水研部長に心のケアについて聞いた。

 Q 腫瘍精神科はどんな診療科ですか

 A がんという病気を熟知している精神科医や心療内科医が診察にあたっています。精神腫瘍科と標榜(ひょうぼう)しているところもあります。患者さんのなかには一般のクリニックを受診したとき、「がんのことはよく分からない」と言われてしまった人もいるようです。

 がんになると「死んでしまうかも」と感じ、自分の人生が脅かされます。10年後20年後も続いていく前提でいた想定が崩れてしまう。患者さんは5人に1人が鬱状態になるといわれています。患者さん本人だけでなく、そのご家族など、がんにまつわる心の悩みに幅広く対応しています。

 Q がんの経過とともに気持ちはどう変化しますか

 A 検診からがん告知までは不安にさいなまれ、告知後は「健康が失われてしまった」と落ち込みます。治療が始まると目標ができるので前向きな気持ちになりますが、治療が終わると再発の不安が強くなる。特に精神的危機を迎えやすいのが、「がんの告知を受けたとき」「再発したとき」「積極的な治療の適応がなくなるとき」-ですね。

 一方で、がん体験を通じてさまざまなことに気づく方もいます。生きる意味の喪失やこれまでの価値観の崩壊などつらい感情がめぐった後、病気になったことの意味を考え、人生に対する感謝や人間としての強さを身につける人もいます。

 Q 受診の目安は

 A 鬱症状がひどい方にはおすすめします。鬱には特徴的な2つの症状があります。一つは、1日の半分以上気持ちが晴れない状態が続いていること。もう一つは、テレビを見るのが好きな人がテレビを見る気が起きないなど、いろいろなことに対する興味がわかない状態です。どちらか一つでも症状が週単位で続く場合は危険なサインです。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ