PR

ライフ ライフ

北海道が5日にも蔓延防止等重点措置を要請 変異型急拡大受け独自の対策実施へ 

会談終了後に取材に応じる(右から)北海道の鈴木直道知事と秋元克広札幌市長=3日午後、道庁
会談終了後に取材に応じる(右から)北海道の鈴木直道知事と秋元克広札幌市長=3日午後、道庁
その他の写真を見る(1/2枚)

 北海道の鈴木直道知事と札幌市の秋元克広市長は3日、札幌市を中心とする道内で新型コロナウイルス新規感染者が急増していることを受け、5日にも国へ「蔓延(まんえん)防止等重点措置」を要請する考えで一致した。ただ「国が直ちに(同措置を)適用するという状況にはない」(鈴木知事)として、すでに札幌市内で実施している飲食店などの営業時間短縮や事業所へのテレワークなどを強化する独自対策を近く出す方針だ。

 2日の道内新規感染者数が過去最多の326人に急増し、札幌市もこれまでで最も多い246人となったことから緊急会談を行い、方針をまとめた。

 鈴木知事は会談後、記者団に「国への要請は5日ごろになると思う」と述べ、専門家との協議や道の新型コロナ感染症対策本部会合などを踏まえ、早急に事務手続きを進める考えを強調。独自対策は国の適用を待たずに進め、現在札幌市内の飲食店に要請している午後9時までの時短営業を1時間前倒して午後8時とし、事業所のテレワークや時差出勤も7割を目標に掲げるなどの内容とする方針としている。

 秋元市長は会談の中で、札幌市内の人出について「夜間は(時短営業などの効果で)減っているが、日中は道外からの観光客も増えている」と指摘。即応態勢が整う市内医療機関のコロナ病床も「約9割が埋まっている」と説明した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ